ふわふわびより

『ぼくたちは勉強ができない』98話 感想、ついに連載2周年!カラーイラストと恋する乙女・武元うるかのいじらしさに注目です!

f:id:huwahuwa014:20190209075914p:plain

ぼく勉 問98 感想「かの韋編は時に彼らを蠱惑の[x]へと誘う

ぼくたちは勉強ができない』 最新話 感想 ネタバレ注意

 

今週の『ぼく勉』は、幽奈さんとのバレンタインコラボ表紙&巻頭カラー!

 

いやー、なんとも感慨深いものがありますね。ついに『ぼく勉』も連載2周年ですよ。「できない」子たちが織り成す物語もいよいよ100話目前です。2年前、古橋文乃さんという大天使に心を奪われ、以来ずっと追いかけ続けてきた『ぼく勉』ラブコメワールド。振り返ってみれば本当に色々な物語がありました.....。

 

そう。そこには確かに、これまでに築いてきた「信頼」があって、気付いてきた「想い」があって、変わった「関係性」がある。そして、その一方で、主人公・唯我成幸の中にある「できない奴をわかってやれる男になる」という軸は第1話から変わらず、彼の目指す「夢」に繋がった。

 

変わったものと変わらないもの。様々な想いを抱きしめながら、彼と彼女らの物語はこれから先、どんな風に描かれていくことになるのか。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190209075908p:plain

2周年記念

 

そんなところで、ひとまずは「連載2周年本当におめでとうございます&ありがとうございます!」とお祝い&感謝の気持ちを述べたい所存ですね。

 

やっぱり、文乃さんは第一話からずっとずーっと大天使!バレンタインチョコを笑顔で掲げている文乃さんドレス姿の文乃さんも最高にお美しかった...。これからも当ブログは古橋文乃さんの恋を全力で応援しております!

 

 

 

<関連記事>

 



 

ぼく勉 98話:唯我家の勉強会でトラブル!武元うるかのいじらしさがたまらない!

f:id:huwahuwa014:20190209130103p:plain

唯我家で勉強会!

 

 

さて、今週のストーリーは我らが恋する乙女・武元うるか嬢がメインのお話でした。

 

唯我家での勉強会。理珠ちんと文乃さんが遅れて来ることになり、急遽2人きりになってしまう成幸くんとうるかですが、もうね、うるかの様子がイチイチお可愛くてたまりませんよね。

 

前回も、成幸くんロスで抜け殻状態みたいになっていましたし、こんな調子で本当に留学することが出来るのかなと心配になりますな。

 

無論、問91でその覚悟を語っていたとおり、間違いなく留学はするのでしょうから、そんなところも含めて「うるかの成長」ということになっていくのかもしれませんが...。

 

そして.....、

 

f:id:huwahuwa014:20190209075905p:plain

シュピーレントラップ”鷹本えりか写真集”

 

時限爆弾の投下!

 

なんという、ピンポイントな写真集なんだ....。「元競泳選手の鷹本えりか」って...。完全に武元うるかそのものじゃないですか....。一ノ瀬学園のシュピーレンこと大森っち、あまりにも恐ろしい友人である。

 

しかも、唯我家の場合、部屋数もそこまで多くないだろうし、見たところ本棚以外に物があまりないスッキリした部屋なので、余裕で母&妹バレする恐れがあるという...。ある意味で、真っ先にうるかが気付いたのは不幸中の幸いだったような気も...?

 

(まぁ、水希ちゃんも水泳をやっているみたいなので喜ぶ可能性もありますが、それはそれで最強の妹だと思います....。)

 

f:id:huwahuwa014:20190209075902p:plain

興味津々

 

で、そんな武元うるかさん、「鷹本えりか写真集」に興味津々である。 

 

「成幸ってば 成幸ってば!」とか言いながら、成幸くんの好みの属性が競泳選手だと知って(誤解...?して)、浮かれ気味になっているうるかの何とお可愛いことか。悶々とするうるかの乙女っぷりが最高に輝いてましたよ.....。

 

 

武元うるかは意識させたい

f:id:huwahuwa014:20190209075911p:plain

攻めるうるか!

 

かくして、唯我成幸くんと武元うるか選手による恋愛頭脳(?)戦が始まっていくのでした。

 

アスリートとして負けられない闘いがここにある!絶対に意識させたい。恥じらいと恋心がせめぎ合う中での、武元うるか選手の猛アピール。繰り出されるのは、「ちょっぴり足しびれっちゃたなぁ...♡」からのお色気攻撃である。うるかちゃん、君は一体何をしに来たんだ....。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190209103337p:plain

意識する成幸くん

 

とはいえ、成幸くんも男の子ですからね。この猛攻撃、それなりに効果がある模様で...。

 

うるかの前では全く表情に出さないあたり、彼もまた中々にツワモノですけれど、しかし、キスの件もあって、ドキドキせざるを得ないといったところかな。

 

そして、ここから更に、うるかの座布団の下にあった写真集を成幸くんが発見し、また一段、ドキドキが大変なことになっていくわけですが、お互いの名誉のために、「えっちな本の所有者は自分だ!」と自ら名乗りを挙げ、果ては奪い合うことになるなんて....。

 

えっちな本でToLoveるが起こるお話自体は王道ではありますけど、こういう展開は初めてみた気がします。凄い...。なんというカオスな空間なんだ...!

 

 

f:id:huwahuwa014:20190209110656p:plain

たわわ......

 

真っ先に「たわわ」といワードにロックオンを決め込む文乃さん。

 

いやいや、問題はそこじゃないって!「2人きりで何の勉強をしてたの!?」ってなるのが普通だって!文乃さんの抱えるバストコンプレックスが半端なくて、もはや泣けますよ...。

 

まぁ、うるかや理珠ちんは確実に大きい方だし、あまつさえ中学生の水希ちゃんにまで負けてしまっているわけなので、気にするのも無理はありませんが...。僕はそんな文乃さんもとても可愛いと思います!

 

 

本日の勝敗は...?

f:id:huwahuwa014:20190209114004p:plain

乙女なうるか

こんな写真まで撮って ばかみたい

 

そんなこんなで、トラブル満載なコメディ回でしたが、要約すると、うるかの圧倒的いじらしさに胸が熱くなる回だったというのが率直な感想ですね。

 

あの本は成幸くんのものではなかった。誤解はきちんと解けたけど、それ故にどこか複雑で...。浮かれてあんな写真まで撮った自分がなんだかバカみたい...。そう呟くうるかの乙女力は尋常ならざるものがありました...。

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20190209075954p:plain

大胆ショット

 

....と思っていたら、まさかまさか。最後にこんな盛大な誤爆がくることになろうとは...。

 

なんという破壊力でありましょうか。「本日の勝敗:武元うるかの負け」かと思いきや、最後にひっくり返してきましたよ...。

 

成幸くんを悶々とさせることに成功しながらも、限界突破の誤爆をしてしまったうるか。うん。これは、完璧に「両者引き分け」ですわね....。実に良いものが見れました。本当にありがとうございました!

 

というわけで、今週の感想を総括すると...、

 

今週のうるかはとても可愛かった!

f:id:huwahuwa014:20190209113042p:plain

今後のうるかエピソードに期待

 

今週のうるかがとても可愛かったなってことですよ!

 

問76でも描かれたように、今でも十分に注目選手として雑誌の特集も組まれている彼女(成幸くんが写真集を見て悶々としている今週の様子はこのシーンと対比させると面白い...)ですから、将来もっと有名になった暁には「武元うるか写真集」が出版されてもおかしくない気も。

 

もちろん、本人がグラビア写真を引き受けるかどうかはわかりませんけどね...。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190209075957p:plain

水希ちゃんとうるか

 

また、水希ちゃんがうるかのことを憧れの先輩のように慕っていたのも印象的。

 

おそらく、水泳繋がりではあるのでしょうけど、現高校3年生のうるか中学生の水希ちゃんとでは、普通に考えて、年次の差的に同じ部活に同時期に在籍することはないと思いますので、「久しぶり」「部活続いてる?」という台詞から察するに、過去に水希ちゃんがうるかに憧れることになった、何かしらのイベントがあったりしたのかな。

 

まぁ、憧れの先輩を以てしても、成幸くんのお嫁さんポジションを容認することはできていない模様ですが...。「偶然」道端で出会ったと思っているので、うるかが唯我家からの帰りであることにも気付いてないだろうし...。水希ちゃん、もう完全に「究極のブラコン」ですわ...。

 

そんなこんなで、最愛のお兄ちゃんにお嫁さんや恋人が出来た時、水希ちゃんがどんなお姑さん「義妹さん」として立ちはだかるのか、改めて、気になる「心配になる」回でした。

 

次回は果たしてあしゅみー先輩回なのか、真冬先生回なのか。はたまた両方なのか。予告だけではわかりませんが、来週も超楽しみです!

 


 ※本記事にて掲載されている情報物は「『ぼくたちは勉強ができない』/筒井大志週刊少年ジャンプ」より引用しております。