ふわふわびより

『五等分の花嫁』感想、写真の子は誰だ!?五等分に出来ない恋が煌めく物語!

f:id:huwahuwa014:20180509194215j:plain

五等分の花嫁 4巻 表紙

 

4巻表紙の三玖がかわいい!(挨拶)

 

もうすぐ4巻が発売される『五等分の花嫁』ですが、いやはや、最近の展開がめちゃんこ熱いのです。今、マガジンで一番輝いているラブコメ漫画は?と聞かれたら、僕はなんの迷いもなくこう答えるでしょう。『五等分の花嫁』である!と。

 

今の週刊少年マガジンは半分ラブコメ雑誌みたいになってますが、そんな群雄割拠のマガジンの中にあっても、『五等分の花嫁』の面白さは群を抜いていると言わざるを得ません。それくらい超おもしろいんだよなぁ...。

 

5つ五姉妹という設定の面白さと、設定を活かしたキャラの魅力、そして謎解き要素を加えながらのラブコメ展開。

 

どれもが作品の中で非常に上手く練り込まれていて、非常に読ませるストーリーになっているのです。本当に凄い漫画ですわ・・・。

 

 

 

 

"平等"ではなく"公平"に ~想いを語り合う少女たち

 

f:id:huwahuwa014:20180512170441j:plain

三玖の想い

 

中でも4巻収録(予定)の林間学校編で三玖が一花さんへ自分の想いを正々堂々にぶつけたシーンはラブコメ史に残る神シーンだったと言えるでしょう。このシーンが本当に熱すぎて最高に泣けるってもの。

 

<関連記事>

 

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180512170311j:plain

キャンプファイヤーのダンスを一花さんに譲る三玖

 

これまでの三玖は『五等分』であることにこだわってきました。もはや、囚われていたと言っても言い過ぎではないほどに。

 

フータローのことを好きになって.....だけど、自分だけが特別ではいけない。独り占めをしたいと思ってはいけない。自分たちは5人で一つ。ゆえに、みんなが"平等"でなければいけないのだ、と考えていた三玖。

 

でも、"平等"でいることは、すなわち「自分たちの努力を否定すること」なのだと気付きます。

 

五つ子とはいえ、みな一人一人違う人間。得意科目も違えば、身体能力だって違う。それは、そこに至るまでの各々の積み重ねが確かに存在しているからである、と。

 

だから、"平等"ではなく、"公平”でいい自分がそうであるように、一花さんもフータローに惹かれている。それでいいのです。

 

それぞれが自分の思うようにフータローを好きでいよう。自分の努力、自分の気持ちを否定したくないから。それこそが林間学校を通して、三玖の心に確かに芽生えた覚悟でした。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180512170702p:plain

 

最高の宣戦布告である。

 

そのうえで、「負けないから」と笑顔で一花さんに語る三玖の姿は、もはや感無量と言うほかありませんでした。三玖かわいすぎるよ...。

 

彼女たちは『五等分』にできない恋をしているんだなって。林間学校編はまさにそれを改めて教えてくれたエピソードだったわけですよ。ホントに林間学校編は神回のオンパレードやで!

 

 

<林間学校編感想>

 

 

物語の鍵を握る写真の子は誰だ!?

 

f:id:huwahuwa014:20180512172819j:plain

五年前に出逢った写真の子

写真の子は誰なのか問題・・・。

 

さて、上述したように熱いラブコメ展開が繰り広げられている『五等分の花嫁』ヒロイン戦線ですが、一筋縄ではいかない、重要な謎が未だに隠されています。それが、5年前の京都でフータローと出逢っていた、はじまりの「写真の子」なり!

 

つまり、五つ子姉妹の中で、一人だけ過去にフータローと交流があった少女がいたということである。えぇ、これはラブコメ的には大事件ですよ。

 

過去のつながりはラブコメではとてつもない強イベントですからね。しかも、フータローにとってその少女は、自分の価値観を変えてくれた存在ときたもんです。間違いなく、物語の鍵を握る超重要な伏線になってくるでしょう

 

 

f:id:huwahuwa014:20180512180313j:plain

容疑者は5人

名探偵フータローの事件簿!

 

しかし、容姿が同じ五つ子ゆえに、それが誰だか「写真」だけではわかりません。実際にフータローが「この中で昔、俺に会ったことがあるよって人ー?」と問いかけても、誰も名乗り出ないという...。難儀なもんですね。

 

なぜ、誰も名乗り出ないのか。まぁ、単純に「写真の子」がフータローのことを覚えていないのでは?という可能性もありますが、以前の感想でも触れたとおり、その線は薄いんじゃなかろうか。

 

だって、「写真の子」にとってもフータローにとってもその出会いが「特別」なものであるからこそ、過去のつながりに意味が生まれるわけですよ。忘れてしまうようなものだったら、ここまで謎を引っ張ったりしないでしょうから。

 

というわけで、「写真の子」がフータローを覚えているということを前提に、それぞれの姉妹について現在わかっている情報を少し振り返っていきたいと思います。今までの感想でも触れてきたので、まとめ的な感じにはなりますが...。

 

 

一番可能性が薄いのは二乃

 

f:id:huwahuwa014:20180512185505j:plain

二乃は過去のフータローを知らない?

 

まず、「写真の子」候補として一番可能性が薄いのは二乃でしょう。以前触れたとおり、二乃は一番最初に5年前の金髪フータローの写真を見た際、覚えてる風でもなく「めっちゃタイプかも!」と言っていましたからね。

 

しかも、二乃はキンタロー(金髪フータロー)に惚れていて、完全にフータローと金髪のフータローが違う人物だと思っているので、ほぼ可能性はないと言っていいかと。

 

というか、そもそも高校生時点での出会いの反応を見ても、印象最悪なんてレベルじゃないので、まぁないかなって...。

 

ただ、23話で再度5年前のフータローの写真を見て、「どこかで見たような...」とは言っているので、「写真の子」ではないにしても、5年前にフータローを目撃している(ただし、フータローは二乃と出会っていない)可能性は大いにあると思います。

 

 

 

三玖もおそらく違う...?

f:id:huwahuwa014:20180512193752j:plain

三玖も違う...?

 

次いで、三玖の可能性も相当薄いと言えるでしょう。

 

明確な根拠に基づいた否定材料が三玖にはありませんが、これまでの描写的に三玖が過去のフータローを知っていると考えるには、些か以上に無理があると思います。まぁ、ブコメ文脈的に「三玖=写真の子」はさすがに大穴過ぎるかなぁ...と。

 

あえて言うなら、写真の子が5年前に言っていた「私がみんなの お手本になるんだ」というセリフに三玖が合致しなさそうなことが挙げられるでしょうか。最初の頃の三玖は「五人の中で私が一番落ちこぼれだから」と言っていましたし。

 

もちろん、二乃のように明確な発言として、過去のフータローを知らないだろうとは断定できないので、可能性がゼロではないけれど、三玖がフータローに嘘をついてまで隠すというのも考えづらいので、可能性は限りなく低い気はしますね。



五月はミスリードの可能性大か...?

 

f:id:huwahuwa014:20180512204348j:plain

 

 

で、次はメインヒロイン筆頭候補との呼び声も高い五月ですが....「写真の子」かどうかという観点で言えば、ほぼ間違いなくシロだと思います。

 

というのも、五月はフータローの口から直接、5年前の写真の子との思い出を聞いているのですが、当の五月には身に覚えはない様子でした。

 

「写真の子」と重なるような発言をしたり、重ね合わせるような描写はあるのに、肝心要のメモリーがないんですよね。さすがに、それじゃあ候補としては考え難いわけで。

 

まぁ、以前の感想でも言いましたが、五月っぽい描写は完全にミスリード狙いでしょう。仮に写真の子にフータローとの思い出が残っていないとするならば、五月は最右翼になりますけど、ブコメ的にそれはないだろうし......。

 

 

 

一花さんは微妙なところ...

 

f:id:huwahuwa014:20180512195949j:plain

 

そして、我らが一花さんがどうなのかと言うと・・・。うーん、正直言って微妙なところかなと。

 

三玖と同様に、一花さんも「過去」ではなく、物語の進行とともに、フータローの人柄を知っていき、恋を芽生えさせたヒロインであることは間違いないので、そこを考慮すると、可能性が薄いようにも見えるんですが、物語的な矛盾が発生するレベルではないんですよね。だから可能性としては十分ありえる範疇ではあります。

 

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180512202104j:plain

なんでキミなんだろうね....

 

また、「なんでキミなんだろうね」と、深読みすれば少しばかり運命めいたものを感じられる発言をしていたりもするんで、そこも気になるところでしょうか。とはいえ、現状での個人的印象は五分五分くらいといった感じではありますが...。

 

まぁ、「みんなのお手本になる」

というのも、素直に受け入れば「長女らしい」セリフではありますし、「一花さんの髪の色=写真の子の髪の色」という要素もあるので、一花さんに関しては今後の描写に注目してきたいですね。

 

 

 

やはり大本命は四葉ちゃん!

 

f:id:huwahuwa014:20180512210107j:plain

大本命は四葉ちゃん!

 

というわけで、やっぱり「写真の子」大本命は四葉ちゃんですよ!四葉ちゃん!(←正直、今回一つの記事にまとめたかったのは四葉ちゃん関連の伏線です、はい。)

 

これまでの感想記事内でも散々言ってきましたけど、四葉ちゃん関連のエピソードは未だにヴェールを脱いでいない部分が多いですから。他のヒロインズにはメイン回あるのにね。ある意味凄いことだよ、これは!

 

 

<関連記事>

 

 

 

四葉ちゃん=写真の子」説が濃厚だと思われる大きな理由として、以下の2つの理由が挙げられます。(※細かい理由を挙げるとキリがないので、それは関連記事の参照をお願いします...。)

 

①写真の子はフータローの名前を知っていた。

②五つ子ゲームにおける薬指が意味するもの...。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180512211735j:plain

検証①写真の子はフータローの名前を知っている


まず注目すべき点は、四葉ちゃんが1話の出会いの時点で、フータローの名前を呼んでいたことでしょう。

 

仮に過去に出会っていないなら、これが2人にとってのファーストコンタクトであったはず。5姉妹は転校生なので、以前からフータローを見かけていたという線もありえません。

 

それなのに、四葉ちゃんはフータローの名前を知っていたのである。それに、四葉ちゃんは姉妹の中で唯一最初からフータローに対して協力的だったわけですよ。状況証拠的には、なにかある...と思わずにはいられないなって。

 

し・か・も!

 

f:id:huwahuwa014:20180512214458j:plain

②五つ子ゲームにおける薬指が意味するもの...。

 

薬指担当は四葉ちゃん! 

 

作中で登場した「五つ子ゲーム」で四葉ちゃんが薬指のポジションなのも意味深だと言えるのではないだろうか。

 

だって、薬指ってのは結婚指輪をはめる場所ですからね。カップルを誕生させるラブコメならまだしも、『五等分の花嫁』は将来、フータローと5姉妹の誰かが結婚することが確定している漫画ですので、示唆的なものを感じずにはいられません。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180512220143p:plain

結びの伝説

 

その証拠に、キャンプファイヤーのフィナーレの瞬間に手をつないだペアが結ばれる「結びの伝説」で、5姉妹がそれぞれフータローの指を一本ずつ握る展開になった際にも、左手の薬指を握っているのが四葉ちゃんでした

 

みんなで手をつなぐ。オチだけを見れば、五人一線横並びにも思える描写ではありますが、「結びの伝説」は、現在と未来が交わる重要な伝説であることは明らかなので、四葉ちゃんが薬指担当であることは、意味のある伏線なんじゃなかいなぁ...と。

 

 

ただ、「写真の子=将来の花嫁」にはならないのかも...?

 

f:id:huwahuwa014:20180512222102j:plain

第1話のモノローグ

 

とは言うものの・・・。『五等分の花嫁』は、第1話の時点で、5つ子の誰かと結婚する未来のエピソードが描かれているのがポイントなのですが、その際に「君と出会った高校二年生の日」というモノローグがあるのが気になります。

 

間違いなく「写真の子」はこれからの物語の鍵を握るキーパーソンになるでしょうけど、「写真の子」とフータローが初めて出会ったのは小学6年生の時なんで、このモノローグをそのまま受け取ると、「写真の子=将来の花嫁」にはならないっていうね...。

 

ただ、やっぱり、四葉ちゃんが結婚指輪をはめる左手の薬指担当という事実は忘れてはいけないと思うな。将来の花嫁候補は五月が最右翼な気はするけど、「写真の子=四葉ちゃん=将来の花嫁」というエンドもまだ可能性としてはあるかなって。

 

ノローグにしても、高校生の頃の思い出(再会した時点ではフータローは写真の子が誰だかわからなかったんだし、2回目の初めての出会いという表現もできるんじゃないかな.....)を振り返ったセリフと取れば、矛盾してるとまでは言えないし。

 

 

つまり、なにが言いたいかというと・・・。

 

f:id:huwahuwa014:20180512225317j:plain

愛が大切!


これからの四葉ちゃんの活躍に期待大ってことです!やっと、四葉ちゃんのターンがはじまったのでここからが楽しみですね!

 

将来の花嫁が誰になるのか、それはまだわかりません。たった一つわかるのは、誰と結ばれても、将来の花嫁は1人しかいないということ。

 

でも、『五等分』に出来ない”恋の結末”(結ばれる花嫁の幸せ)をみんなが祝福する。それこそが、『五等分の花嫁』というタイトルにこめられたテーマなのかもしれません。

 

五等分に出来ない恋が煌めく物語。ラブコメスキーには是非読んで頂きたい大傑作のラブコメ漫画です!もうすぐ4巻発売ですよ!