ふわふわびより

『五等分の花嫁』感想、五つ子ヒロインとのラブコメ!一花さんがかわいすぎる話をしよう!

f:id:huwahuwa014:20180308115204j:plain

 

 

マガジンで連載中の『五等分の花嫁』を2巻まで読了。率直な感想を言わせてもらうと、めちゃくちゃ面白い。全国のラブコメスキーな読者にはとてつもなく刺さりまくる最高に期待大な作品だと思う。

 

ブコメ漫画として非常にクオリティが高く、まだ2巻までしか出ていないが、間違いなく傑作と言える部類の作品だ。設定の目新しさとは相反して、とても王道にラブコメしているのがいい...。

 

正直、連載で序盤を読んでいる時はそこまでは乗れなかったのだけど、どんどん面白さが加速していくタイプの作品だった。特にここ最近の展開が素晴らしい。うん、やっぱラブコメは最高だねぇ...。

 

 

<関連記事>

sakihuwahuwa.hatenablog.com

 

 

 

五つ子ヒロインとのラブコメ

 

f:id:huwahuwa014:20180308115209j:plain

五つ子ヒロイン

 

本作の特徴はズバリ、ヒロインたちが五つ子の姉妹という点だ。長女の一花、次女の二乃、三女の三玖、四女の四葉、末っ子の五月。父の借金返済の為に貧乏な暮らしを送る主人公の風太郎が引き受けた家庭教師のアルバイト先の生徒たちが、この五つ子の美少女姉妹だったのである。

 

清々しいくらいにハッピーな設定に思わず頬が緩んでしまうじゃないの。ヒロインが五つ子美少女というのは、昨今のハーレム系ラブコメの中でも最上級に幸せを盛りまくった設定と言えるでしょう。

 

作者の春場ねぎ先生から「かわいいヒロインなら何人いたってかまわない!」という強い意気込みを感じますね。まったく、僕らがそんな単純なエサに釣られると思ったら大正解ですよ...!

 

 

f:id:huwahuwa014:20180308135605j:plain

嫌です


しかし、このヒロインたちはそれぞれに問題を抱える一癖も二癖もある問題児たちだったのである。家庭教師の道は前途多難。勉強を教えるどころか、そもそもまともにフータローの話を聞いてくれる娘の方が少ないというありさま。

 

ゆえに、信頼を勝ち取るためにフータローが一人一人と交流を図っていくというのがこの作品の基本ストーリーになるのだが、お金のためと言いながらも、彼女たちの悩みに触れるたびフータローが親身になって奮闘する様は、男性視点で見ても全く嫌みがなく、読んでいて好感が持てるのがこの作品の特筆すべき点だ。

 

「ヒロインが主人公に惹かれる理由に説得力があるラブコメ漫画は名作」というのが持論だけれど、この作品はまさに名作ラブコメのDNAを受け継いだ作品だと断言できる。昨今のラブコメ主人公の中では教科書に載せたいレベルでお手本になりうる主人公像だと思う。

 

 

花嫁は誰だ!

 

f:id:huwahuwa014:20180308142905j:plain

未来の花嫁


この作品の大きなポイントとして、1話の導入で主人公が5つ子の中の誰かと結婚する結末を先に明示しているも見逃せない。非常に上手い導入だなと感心させられてしまった。

 

本編では高校時代の出会いからラブがコメる様子を描いていくわけだけど、彼・彼女たちが成長し、いつかは結婚ENDを迎えるという事実を読者がわかった上でストーリーが進んでいくというのはラブコメ漫画としては非常に斬新な手法と言える。

 

1話で結末を描いても、上手い具合に誰と結ばれるか分からないようになっているのは、似た容姿の五つ子がヒロインだからこそ出来る大技だろう

 

で、こういう描かれ方がされるということは、5人のうち誰が花嫁になるのか!が焦点になってくるわけだが、大本命はやはり末っ子の五月なのだろうか。

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180308115206j:plain

メインヒロインは五月?

 

『五等分の花嫁』とは言うものの、作中でなにかと美味しいところを持っていき、ヒロインたちの中で、主人公が初めて出会う、いわゆるファーストコンタクトを取ったヒロインが、末っ子の五月である。

 

しかも、フータローとの出会い方は最悪で、ツンツンした状態から始まるときたもんです。もはや、役満レベルにメインヒロイン要素が詰まったヒロインと言えるでしょう。

 

この手のラブコメ漫画ではマイナススタートはそれ自体がフラグですからね。これだけ条件が揃っていれば、花嫁候補筆頭と言われるのもわかる。

 

だが、ちょっと待ってほしい。それではあまりにも安易ではないだろうか。だって、この作品におけるメインヒロインとはすなわち将来の結婚相手ですよ?

 

最初に出会ったヒロインだからという理由で、メインヒロインだと断定してしまうのはあまりにも早計だと言わざるを得ません。危険である。

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180308115205j:plain

冷静に分析しよう

 

ここは一旦、落ち着こう。決めるのは将来の「花嫁」だ。「恋人」ではない。ゆえに早まってはいけない。冷静に各ヒロインとの出会い、第一印象を分析していこうじゃないか。

 

各ヒロインの個人的第一印象
 

一花:掴みどころのない自然体少女。お姉さん。

二乃:お嬢様系ツンデレ少女。わがまま。

三玖:不思議で寡黙な少女。天然。

四葉:天真爛漫な少女。アホの子かわいい。

五月:真面目。敬語。

 

 

うむ......やはり、五月が花嫁ではちょっと問題があるな。ヒロインとして、ステータスが甘すぎる!ファーストヒロインという部分以外あまり強みを感じられません。(※個人の見解です)

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180308115208j:plain

最初にデレるのは三玖

 

そもそも「最初」という部分にこだわるなら、一番最初に主人公を好きになる三玖の可能性を切り捨てるのは問題外だろう。なにを隠そう、デレる三玖のかわいさときたら最高にペロペロ出来るからね!

 

三玖の個別回はニヤニヤの宝庫である。かわいすぎて頭がおかしくなりそうだったぜ...。ページを開くたびにニヤニヤメーターが振り切れる破壊力。かわいいは正義つまり、将来の結婚相手という図式が成り立つわけ。(ガバガバ理論)

 

というか、三玖以外の選択肢があり得ないっつー話です。確かに、みんな個性的でそれぞれに魅力があるのはわかる。でも、理想の花嫁に求められる必須の感情「主人公を慕う気持ち」を一番兼ね備えているのは三玖なんですよ。

 

 

というわけで、花嫁は三玖に決定!

 

申し訳ないが、五月......メインヒロインの看板をそろそろ降ろしてもらおうか!

 

 

 

・・・と思っていた時期が僕にもありました。

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180308115207j:plain

頑張ったね

 

 一花さんがかわいすぎる問題!

 

圧倒的なまでの三玖一強体制だったヒロイン戦線に、突如として"異変"が起こったのだ。そう、一花さんの戦闘力が急激に上昇したのである。え、なにこれ。一花さんがハイパーかわいすぎるんだが...。

 

今までかけらも戦闘力を感じさせなかったというのに、一気に特大ホームランを放ってきて驚愕を禁じえません。圧倒的じゃないか!一花さんの戦闘力は!デレを解放した一花さんの桁違いのかわいさ力に三玖のかわいさが完全に喰われてしまった!

 

一発でヒロインレースの趨勢がひっくり返りました。「頑張ったね」からの膝枕コンボの破壊力がビッグバン級過ぎて、魂レベルで浄化されてしまった。花嫁を選ぶとかもはやそんな次元の話ではなかった。こちらから言わせて頂こう。

 

 

一花さん結婚してください!(土下座)

 

 

 

今週の一花さんが圧倒的過ぎる件!

 

f:id:huwahuwa014:20180308164954j:plain

28話「結びの伝説 2日目④」

 

かわえぇぇぇぇぇぇぇ!!

一花さんのかわいさが既に4人の妹たちを沈黙させるほど圧倒的過ぎてヤバイ。お姉さんキャラ×デレの奇跡的相性(マリアージュ)!!読者にとって、これは最高の組み合わせ!結果、ぼくの頬が緩む!

 

林間学校のキャンプファイヤーでフータローと踊ることになった一花さんが、フータローに「(踊るの)やめるか」と言われ、涙を流し始めたときは呼吸困難になるかと思うくらい凄まじい衝撃が走ったが、「その代り 今踊ろう」からの流れでこの笑顔である。反則だっつーの!

 

ダメだ・・・。もう、花嫁は一花さん以外考えられない。ぼく内部では、もう一花さんとフータローは結婚してることになってるからね。やっぱり、お姉さんポジションは至高!ってのを再認識させてくれるスーパーヒロインに出会ってしまったこの奇跡に感謝するぜ.....!

 

まぁ、唯一残念な点を申し上げるなら、一花さんは三玖に遠慮して、一歩引いてしまっているところでしょう。長女として均衡を保つ、いわゆるバランサー的な役割を担おうと自制してしまっている節がある。「お姉さん」という立場が自分の感情に蓋をしてしまう。

 

 

しかし! 我々はついに聞いてしまうのだ。恋する乙女のみが発する甘酸っぱい青春の音を!

 

 

f:id:huwahuwa014:20180308165433j:plain

 
悶絶

 

ビー!ビー!ビー!ついに一花さんの胸の中で恋の警報が鳴り響いてしまうのである。読んでいて恥ずかしくなるくらい青春まっしぐら過ぎて、危うく成仏するところだった。言語中枢が破壊されるレベルで悶える。もう....オラ...幸せだ...しか言えない。(遺言)

 

 

大変、盛り上がって参りました!

 

 

一花さん株が急上昇しまくり。何話連続で神回やれば気がすむんだ・・・。もうここ最近の展開がおもしろすぎて、本当に毎週続きが気になってしまう。読み終わるのが寂しいと感じる漫画なので間違いなく傑作でしょう。

 

人は、我慢すればするほど思いが大きくなってしまうものである。感情はそういう風に出来てるんだ。だから、一花さんには止まらないでほしい。そのまま、自覚した"恋"にまっすぐ突き進んでほしい。幸せになってほしい。

 

『五等分の花嫁』、これからの展開が見逃せない期待大のラブコメ漫画です!

 

 

結論:花嫁は一花さん!(勝手に決定)