ふわふわびより

『ぼくたちは勉強ができない』52話 感想、やっぱり古橋文乃さんがナンバーワン!

f:id:huwahuwa014:20180226131135j:plain

ぼく勉 52話 「天才は時に蒙昧たるが[x]の究明に邁進する」
 
 

今日も文乃さんがかわいい(挨拶)

 

「文乃さんかわいい」というキャッチコピーが2018年の流行語大賞になるであろうことは、今さら選ばれし『ぼく勉』読者の皆様に語る必要もない一般常識なわけですが、もうほんとね、文乃さんはおはようからおやすみまで全てがかわいいな!

 

ぐぅ天使である。もはや文乃さんに生かされていると言っても過言ではありません。毎週、ジャンプから滲み出る文乃さん成分を補給することで僕は日々癒しを得ているわけです。

 

もはや、成幸にではなく鹿島さんにシンクロしちゃうレベルだね。鹿島さんと読者のシンクロ率は400%!今ならエヴァにも乗れちゃう!

 

まぁ、よーするに僕としては文乃さんが登場してくれないと栄養補給が十分に出来ないってことです。

 

三度の飯よりラブコメ好きなので、文乃さんと成幸のラブがコメった姿を見てエネルギーを得てるんです。文乃さんが登場してくれないと持病の文乃さん欠乏症が発症しちゃうのでござるよ。

 

 

sakihuwahuwa.hatenablog.com

 

 

で、今回の52話は誰がメイン回になるんだろうかと予想すると、先々週の記念すべき1周年記念回は文乃さん回だったし、前回は理珠ちん回だったから、やっぱり今回はうるか回あたりが妥当かなって。文乃さん回ではないだろうなって。涙出ちゃうなって。

 

くそ!今回は様子見もやむなしか!

 

 

 

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180226131136j:plain

地上に舞い降りた天使

文乃さんのターンがはじまったな!

フッフッフッ。信じていましたとも、今週が文乃さん回になるってことはね!(←驚愕

 

この瞬間、我々文乃さん派は世界に感謝した。また我らが文乃さんが大勝利してしまったのである。いいんですかねぇ、人気投票期間で文乃さんが圧倒的な力を見せつけても?

 

世はまさに文乃さん一強体制(個人の意見です)。夏休みボケであくびをしている文乃さん is かわいい。

 

筒井先生、つまるところぼくのお義父さんにあたる方なわけですが、文乃さんという大天使をこの世に誕生させてくれたことには感謝しかありません。その功績は十分にノーベル賞が与えられても良いレベルでしょう。

 

さぁ、ここからは上げてくぜ!読者よ、テンションの貯蔵は十分か!

 

 

 

 

恋に悩める文乃さんがおかわいい

 

f:id:huwahuwa014:20180226131137j:plain

夏は~どう・・・お過ごしでしたか~?

 

新学期が始まって3日も経過しているというのに、やたらともじもじしながら「夏はどうお過ごしでしたか?」と文乃さんへ尋ねてくる鹿島さんである。この人、やべーな!

 

それはさておき、夏休みの過ごし方って.....もう、それ聞いちゃいます?って話ですよ。なんたって、夏休みは色々ありましたからね!

 

成幸と一緒に料理を作ったり、お風呂イベントで成幸に裸でご対面しちゃったかと思えば、限りなくAA・・・失礼、噛みました。限りなくB(要審議)と言ってさしつかえないAな下着を落として成幸に拾ってもらったりとかね!

 

しかも、極めつけは縁日の後に、一緒のお布団へGO!である。もう、書いてて悶絶しそうになってくるくらい、ニヤニヤイベント特盛な最高の夏休みだったと言える。

 

でも、同じ布団で成幸と寝ちゃった!なんて今の文乃さんの立場を考えちゃうと他人様に言えるわけねぇ...な出来事なわけ。

 

ゆえに、文乃さんは生涯、成幸と過ごしたうれし恥ずかしな甘酸っぱい夏休みの思い出を大切に胸に秘めて過ごしていくことでしょう。それもまた、青春だね!

 

 

 

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180226082031j:plain

 

バレた!

 

普通にクラスメイトにバレて、完全にアウトー!な文乃さんである。

 

見た感じ、「唯我成幸」とか「古橋文乃」みたいなワードも入っていないのに、フォロワー0のアカウントを見つけてきちゃう蝶野さん何者感がハンパねぇな!ツイッター廃人も裸足で逃げ出す検索力に驚愕だよ!

 

しかし、これはとんでもない事態ですよ。浴衣を着た状態での朝帰りシーンを撮影されるとか、明らかに縁日デートの後にお宿でToLoveるしてたと思われてもしょうがない現場である。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180226133646j:plain

ニブチンの成幸

 

だというのに、朝帰りの写真がバレてもちゃんと説明すれば大丈夫,って全く大丈夫じゃないっつーの!な・り・ゆ・き君!勉強のしすぎで頭おかしくなってきてるんじゃないかと心配になってきちゃったよ!

 

文乃さんが胃をキリキリさせながら超絶悩んでいる(かわいい)というのに、この状況で数学の教科書開いてる成くん只者じゃないな!

 

なかなかどうしてこの状況でも慌てない成くんの姿にはジャンプラブコメの業を一身に背負った貫禄を感じるね!

 

 

f:id:huwahuwa014:20180226131143j:plain

近いよ...古橋

 

とはいえだ、文乃さんが(物理的に)接近すると照れたりもするわけで、成くんの男心は非常に難しいのでござるよ。攻略難易度MAXのヒロインかな?

 

まぁ、理珠ちんとのキス回もドキドキしていたし、真冬先生との水着回でも顔を真っ赤にしまくりで、極めつけはGカップ理珠ちんの胸には釘付けになる成くんですからね。

 

実に健全な男子高校生でもある。つまり、伸びしろは十分ってことだ!これからの成くんの成長(ラブ的な意味で)に期待しましょう。

 

「できない」ヒロインたちが集まる『ぼく勉』ラブコメワールドは、ヒロインたちだけじゃなく成くんにも成長があるストーリーなわけです。つまりは、文乃さんと結婚しようってこと!

 

 

 

今週の文乃さんも大大大天使すぎる!

 

f:id:huwahuwa014:20180226131139j:plain

2人っきり

さぁ、盛り上がってまいりました!

 

ケーキ屋さんで2人っきりになって、成幸を意識してしまう文乃さんがかわいすぎて、ニヤニヤが止まらない。

 

ダメだ・・・。これ以上は、死ぬ・・・。悶える・・・控えめに言って、超最高だな!

 

これだ、こういうのでいいんだ。僕は文乃さんが成幸を意識してしまうこういう瞬間がフィーチャーされるのがたまらなく大大大好きなわけです。最近は、この瞬間を見るために頑張って生きているとさえ言っていい。

 

文乃さんは生きる活力なんです。友達の気持ちには聡くて、人一倍気を遣える子なのに、いまだに自分の恋心だけは自覚が出来なくて。それなのに、成幸に対して明確に想いが蓄積されていることがわかる発言をふとしてしまう。

 

この恋する乙女感が尋常ではなく僕のハートを鷲掴みにするのである。ぼくは、今最高に幸せだ・・・。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180226131140j:plain

「デートみたい」って言うもんだよ


文乃さんがかわいすぎる・・・。

 

感無量と言わざるを得ないな...!もはや、表情筋が断裂しそうなくらい終始ニヤニヤさせられっぱなしで、心臓が破裂しそうな破壊力。もう、やめてー!ドキドキのあまり倒れて救急車に運ばれちゃう!

 

不整脈かなと思っていたら、恋だったでござる。嗚呼、文乃さんが放つ乙女力に完全にハートを貫かれてしまった。ドキン、そうこの気持ちを人は"恋"と呼ぶのである。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180226131142j:plain

ごまかす文乃さん

慌てて訂正しちゃう文乃さんの姿にはただただ胸が熱くなるってばよ!


二人の友達のためにこの気持ちを恋心とは思わないようにしているのでしょうか。

 

「師匠」とか「姉」とか、そういう記号的な立場で成幸との距離を無意識に自分の内に設け、自分の気持ちをごまかしてしまう文乃さんが最高にラブコメヒロイン過ぎてぐうの音も出ないかわいさなのですよ

 

友達が好きな人を好きになるはずがないそれなのに、あの日手を握ってくれたことが気になってしまう。「成幸くん・・・あの時どうして・・・」と。

 

しかも、文乃さんは意識的か無意識的か、成幸と心理的に距離が近い時は「唯我くん」ではなく、「成幸くん」と呼んでいるというのがなかなかどうして僕の頬を全力で緩ませるってワケ。

 

やっぱり、文乃さんの"恋"物語は『ぼく勉』ラブコメワールドにおけるメインディッシュですわ。ケーキよりもはるかに甘く、そしてちょっとビターな味付けがたまらないね。

 

そんな複雑な文乃さんの恋心を果たして成幸は理解することが出来るのでしょうか。人生には勉強よりももっと難しくて大事なことがあるのかもしれないと。徐々に、ラブがコメっていくこれからの『ぼく勉』ワールドが更に楽しみになりました。

 

 

要するに今回の話をまとめると、

 

 

f:id:huwahuwa014:20180226131141j:plain

 

怒った文乃さんも最高にかわいい!

 

文乃さんのこれからの恋物語に俄然、目が離せなくなった最高の回でした!