ふわふわびより

『五等分の花嫁』33話 感想、写真の女の子は四葉ちゃんなのかもしれない!

f:id:huwahuwa014:20180411100804p:plain

五等分の花嫁 33話 感想

 

祝・巻頭カラー!!

 

今週の『五等分の花嫁』は巻頭カラーです!まぁ、特に林間学校編は「何話連続で神回やれば気がすむんだ...」ってくらいおもしろかったですからね。人気がうなぎのぼりなのも頷けるってもの。

 

キャンプファイヤーの伝説に絡めて将来の結婚式を描き、現在と未来のお話をリンクさせる大胆な構成。伏線の出し方。キャラの魅力。どれをとっても今のラブコメ作品でトップクラスでしょう。ホント、『五等分の花嫁』は今最高に熱い漫画だぜ!

 

<関連記事>


今週の三玖がかわいい件!

f:id:huwahuwa014:20180411100805p:plain

三玖フィーバー!

 

今週の三玖もかわいすぎだな!

 

特大イベントが仕込まれていた林間学校編が終わり、今週から新章がスタートしたわけですが、うんうん、三玖は相変わらずかわいいね。

 

入院したフータローのお見舞い回である。最初に二乃が入ってきた時は、二乃のターンが始まるのか...と思ったけど、そんなことなかった。ひたすらに三玖がかわいかったな。吹っ切れてから笑顔が増えてきた三玖は更に天使になったよね。

 

「さみしくなったら呼んで いつでも看病に来るから」「あーん」って...反則ですよ。反則!こんなの告白スレスレじゃないか!まったくニヤニヤさせてくれちゃってよー!三玖かわいすぎィィィ!

 

 

で・も!

 

f:id:huwahuwa014:20180411100810p:plain

一花さんもかわいい!

 

一花さんもかわいい!

 

我らが一花さんも負けていません!ここで秘技「未練ができちゃったから」を発動!読者は悶絶して胸キュン死する!

 

しかも、トドメに「なんでキミなんだろうね」ときたもんですよ。おいおい、なんなんだ...このかわいさは...。完全に一花さんの恋心スイッチもONになっちゃいましたね。この展開は望むところだよ!

 

もはや、素晴らしいと言うほかありません。やっぱり、個人的には一花さんと三玖の圧倒的二強状態かな。31話で「負けないから」宣言をし、正々堂々自分の恋に向き合う覚悟を決めた2人の姿が眩しい...。2人とも幸せになってくれ!(願望)

 

写真の女の子は...?

 

f:id:huwahuwa014:20180411100806p:plain

写真の女の子

 

写真の女の子エピソードが来るのか...!?

 

いつもどおり、読者が一花さんと三玖のかわいさにニヤニヤしていたら、まさかまさか。五年前、京都で出会っていた女の子(通称:「写真の女の子」)エピソードという超ド級の燃料が再び投下されたのである。これは事件ですよ!

 

14話「はじまりの写真」であまりにも示唆的に描かれたフータローにとって本当の意味で「はじまり」の女の子。

 

今までは五つ子のなかで、誰が写真の女の子なのかは検討がつきませんでした。強いて言えば、昔の姿のフータローを覚えていなかった時点で、二乃の可能性は極めて低いってくらいだったかと。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180411100808p:plain

本命はやはり五月...?

 

で、病室にいた五月を見て、過去の記憶をフラッシュバックさせた今週の描写を見ると、あたかも五月が写真の女の子であるかのようにも思えます。

 

そもそもストーリー的に大本命なんだし、なんなら今週の電子版のカラー表紙のセンターにいるのも五月なんで、まぁ要素としては十分でしょって意見もわかる。

 

だがしかし!今週確定した情報から考えると、個人的には五月の可能性はぐっと下がったかなってのが結論です。

 

根拠は2つありますが、そのうち最も重要なのは、この写真の女の子はフータローの名前を以前から知っていた点でしょう。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180411112433p:plain

上杉風太郎君

 

五年前の京都で出逢っていた2人。

 

「私がみんなの お手本になるんだ」の発言の真意は現状ではわかりませんが、一つ確定していることは、この女の子がフータローの名前を呼んでいること。つまり、写真の女の子はフータローの名前を知っているということです。

5年前と今のフータローは、風貌こそ変わっていても、名前は変わってないですからね。だから、写真の女の子がフータローの名前を覚えているのであれば、その女の子は高校生になって再会した時点でフータローのことを知っていたことになる。

 

 

そうなると...。

 

f:id:huwahuwa014:20180411100811j:plain

うーえすーぎさーん

 

四葉ちゃんの可能性が非常に高い!

 

仮に過去に出会っていないなら、この出会いが2人にとっては初めてだったはず。5姉妹が転校生であったことを考えても、以前から見かけてフータローのことを知っていた線もまずありえません。

 

それなのに、四葉ちゃんはフータローの名前を知っていた。初対面のはずのフータローのことを「上杉さーん」と呼んだのです。めちゃめちゃ怪しいな...。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180411121934j:plain

四葉ちゃんが写真の女の子?

 

しかも、フータローに「なんで俺の名前を知ってるんだ?」って言われてますからね。これは間違いなく伏線でしょう。

 

四葉ちゃんはこの時に「私 上杉さんにお届け物に参りました」と答えになってない返事をしていて、1話を読んだ当初は深く考えませんでした。しかし、今思えば、過去にフータローに出逢っていて、名前を知っていたからだと考えれば説明がつく。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180411100812j:plain

第一印象

 

もう一つ。四葉ちゃんが第一話で、フータローの第一印象について語っていたのも気になります。

 

「上杉さんの第一印象は「根暗」「友達いなさそう」でしたが、新たに「天才」を加えておきますね」という言い方を四葉ちゃんはしているのですが、四葉ちゃんはフータローの100点の答案を持っていたので、根暗とか以前に、会話をする前から、フータローが頭良いことはわかっていたはずなんですよ。

 

それなのにこういう言い方をしているってことは、5年前の印象(「根暗」「友達いなさそう」)に対して、今の印象(「天才」)が加わったとも取れるでしょう。

 

その証拠に、そう考えれば、今回の病室で五月が言った「あなたが勉強するその理由を...」「写真の女の子」エピソードも上手くつながります。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180411124722j:plain

四葉ちゃんは最初から好意的だった

 

おそらく、5年前のフータローは勉強に関心がなかったけど、「写真の女の子」(四葉ちゃん)と出会い、何らかのきっかけを経て、勉強をするようになった。

 

だからこそ、5年後にフータローの100点の答案を持った四葉ちゃんとの再会がストーリーとして綺麗にハマる。そういう感じじゃないでしょうか。

 

四葉ちゃんが5姉妹のなかで、唯一出会いの時点からフータローに協力的だったのもフータローのことを以前から知っていたと考えれば納得もいきます。再会した際の表情を見てもどこか特別なものを感じますからね。

 

 

よーするに!「はじまりの女の子」候補最右翼は五月ではなく、四葉ちゃんだったということです!(※個人的な見解です)

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180411100807p:plain

 

な・・・なんだってー!?

 

やはり、未だにメインエピソードが描かれず、切り札を残しまくっている四葉ちゃんこそがラスボスか...!

 

まぁ、「はじまりの女の子」=「将来の花嫁」と決まったわけではないんですけどね。つまり、一花さんが将来の花嫁って可能性も大いにあるんですけどね!

 

何はともあれ、話が一気に進んできているので、来週が待ち遠しいですな。院長先生がキーマンっぽい感じなのも、わたし気になります!