ふわふわびより

『ぼくたちは勉強ができない』68話 感想、『眠り姫』終劇!そのキスが古橋文乃さんに何をもたらすのか...?

f:id:huwahuwa014:20180625060334p:plain
ぼく勉 問68話 感想「祭りの佳境はめいめいに[x]を求め空騒ぐ」

ぼくたちは勉強ができない』 最新話 感想 ネタバレ注意

文乃さんキターぁぁぁぁぁ!

 

今週の『ぼく勉』が文乃さんスキーたちの間でかつてない盛り上がりを見せています。

 

えっ?どのくらい盛り上がってるかって?かの有名な小田和正が「嬉しくて 嬉しくて 言葉にできない...」と、歌い出すレベルだっつーの!

 

最高すぎる....。今のこの感動の全てを言葉にすることは難しいけれど、あえて一言で表すならば...「神様(筒井先生)ありがとう!」以上のものはないでしょう。というかね、文乃さんが女神過ぎてニヤニヤ止まらない...。

 

だって「文乃さん×成くん」のキスをカラー扉絵にもってきてるんですよ?成くんがヒロインと2人きりでカラーを飾ること自体初めてだってのに、その初めてがキスって...。こんなん文乃さん大勝利やん!あぁ...今、僕は猛烈に感動している...!(涙)

 

 

f:id:huwahuwa014:20180625060335p:plain

世界で一番尊いキス!

 

これですよ。これ!このキスの仕方!

 

手の位置や所作がグレイト過ぎて感無量と言うほかありません。筒井先生ハンパないって。あの人、ハンパないって。

 

着ぐるみ越しのキスをさも「マウストゥマウス」でキスしたかのように描くんだもん。そんなの出来ひんやん普通。そんなの出来る?言っといてや出来るんやったら...!

 

先週の文乃さんスキーたちによる脳内会議を一撃でひっくり返す破壊力がありました。もはや、サッカーがどうのこうの言ってる場合じゃないでしょ。文乃さんサポーターは、この瞬間を待っていたんだよ!新聞や...。明日の新聞は全部、文乃さんや...。

 

 

<文化祭編感想>

 

 

 

 

『眠り姫』の終劇!恋の予感の始まり!

 

f:id:huwahuwa014:20180625060337p:plain

眠り姫の最後

 

というわけで...演劇『眠り姫』も無事(?)に終劇である。

 

いや、全然無事ではないんだけどね。何事もなかったどころか、みんなの前で盛大にキスしちゃってんだけどね。フフフッ...。くっそ、にやけるな!

 

で、結局王子(成くん)は逃亡し、旅立つ王子をお姫様がいつまでも待ち続けるという謎の着地を見せた『眠り姫』。これは最後に2人が結ばれて終わる元のエピソードとは違ったエンドですが、それゆえに物語的にはやはりなかなかに意味深なわけで...。

 

というのも、現時点での文乃さんは基本的に自分からは(恋愛方面で)動かない人なんですよね。なぜかと言えば当たり前の話で、文乃さんは「自分の恋心に気付いていない」から。そこを踏まえても、うるかとは正反対のヒロインと言える人です。

 

その事実は文乃さん自身が即興で作り上げた「姫はいつまでも『お待ち』申し上げております」というセリフにも如実に表れている。自覚なき姫(文乃さん)は王子(成くん)を待ち続ける存在。それが今回のセリフでも上手く表現されていました。

 

 

しかし.....!

 

f:id:huwahuwa014:20180625060336p:plain

文乃さん=眠り姫

 

着地は違えども、文乃さんが『眠り姫』のメタファーであることもまた事実。

 

そして 『眠り姫』は王子とのキスによって「眠りから目を覚ます」存在です今回の文化祭編でわざわざ『眠り姫』という舞台装置を用いていることからも、この点は物語的にゆるぎない部分であるはず。

 

じゃあ「眠りから目を覚ます」というのは具体的になによ...?と言われれば、以前の感想でも申し上げたとおり、ラブコメ的に言って、「恋心の自覚」に他ならないでしょう。このキスが物語にもたらしていく影響。それこそが今回の文化祭編のキモになる。

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180625060339p:plain

文乃さんは気付いていない

 

その証拠に、やっぱり文乃さんは王子様(着ぐるみ)の正体が成くんであることに気付いていないんですよね。あの流れでは至極当然ですが、完全に着ぐるみの中の人をあしゅみー先輩だと勘違いしてキスをしたわけです。

 

そしてここでポイントになるのが、この時点の文乃さんの心理描写として「自身の恋心に気付いていないこと」「キスの相手が誰だか気付いていないこと」が上手くシンクロしている点。これはかなり示唆的だと思う。

 

 

~演劇『眠り姫』が示唆する展開~

 

「キスの相手に気付いていない」=「自身の恋心に気付いていない」(=待ち続けるお姫様

・「キスの相手(本物の王子役の正体)に気付く」⇔「自身の恋心に気付く」(=今後のお姫様

 

つまり、こういう構図になってるんじゃないかと。

 

「恋心に気付いていない(=キスの相手に気付いていない)」お姫様が待ち続ける存在ならば、その対比に位置する「恋心に気付いた」お姫様は待ち続けることを辞めた存在になる。すなわち、自分から動き出すヒロインへ成長するってわけですよ!

 

 

f:id:huwahuwa014:20180625060342p:plain

文乃さんはファーストキス!(言質取りました)

 

だからこそ今回「ファーストキスの相手」が誰なのか、文乃さんが気付かない展開になっているんじゃないかと。今後のお話で「気付く」というエピソードに力点を置くために。

 

やはり一筋縄ではいかないですよ、今回のキスの余韻は...。今後の文乃さんの成長描写に絡めてくる可能性もあるし、勘違いを解いたのに簡単に答え合わせをしないあたりが、大きなエピソードに繋がっていく布石な予感もする。

 

それに、文乃さん(眠り姫)からキスをしたというのも描写としてはやっぱり意味深で、「ただ待ってるだけじゃない」という示唆にも思えるし。うーん、ワクワクしてきたぞ...!

 

 

 

そのキスが文乃さんと成くんに何をもたらすのか...?

 

f:id:huwahuwa014:20180625060341p:plain

文乃さんの認識

 

また、今回の展開を描くうえで凄く巧みにお話を転がしたなぁ...と思うのが、やっぱり文乃さんとあしゅみー先輩の「認識の差」でしょう。この認識のズレがないとこの展開は描けないんですよね。

 

というのも、文乃さんは「王子の着ぐるみまで用意して助けに来てくれた」とは言ってるんですけど、それ以外の情報は基本的に言っていないのです。

 

一方のあしゅみー先輩も成くんがニャンポレオンZの着ぐるみを着ていたことは知っているけれど、それを「王子の着ぐるみ」という風には認識していない。だから、その話を聞いても、「その着ぐるみの正体が後輩だよ」とは言えない。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180625060340p:plain

認識の差

 

今回はこの2人の「認識の差」も非常にユニークな点であったと言える。

 

全ての事情を知っている読者視点で言えば「着ぐるみ」という時点で気付くんじゃないか...?と思えなくもありませんが、そもそも王子役の衣装は別にあったくらいなので、あしゅみー先輩の立場で「ニャンポレオンZ=王子の着ぐるみ」という連想が出来なくても、そこまで不自然ではないかと。

 

まぁ、あの場で「着ぐるみがギターを背負っていた」という部分まできちんと伝えられていれば簡単に答え合わせは出来たんでしょうけどね。そういう意味では、今後文乃さんが「気付く」展開を描く際、鍵を握るのはあしゅみー先輩になるのかもしれません。

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180625060338p:plain

ドキドキの成くん

 

さて。一方で、キスをされた王子様役の成くんの反応もなかなかどうしてよ。いいじゃん!いいじゃん!こういうの最高じゃん!

 

曰く、「着ぐるみ越しだったけど...あれ...キスしたことになる...のか?」である。うん。なるよ!(断言)なる。なる。全然なるって。

 

だって、ドキドキして赤面してる時点でノーカンにするのとか無理だから。意識した時点でそれはもうキスだから!

 

それこそ認識の問題でしょう。別に着ぐるみ越しで触れてないからノーカンでしょ!って思うならそれはそうなんだろうし、でもそう思えないならやっぱり「キスをした」という事実が残る。今回の一件のキモはまさにそこにあると言っていい。

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20180625060347p:plain

認識の問題

 

なんせ、文乃さん自身の反応が何よりもそれを証明してくれてますから。

 

女子同士」で「着ぐるみ越し」だからノーカン。言い換えれば、キスをした相手が成くんだったら、着ぐるみ越しでもノーカンじゃないってことでしょ。そもそも「恋心の自覚」にも絡んでくるお話(だと思ってる)なのだから「認識が大事」ってのは当然。

 

つまり、2人の反応が既にもう「キスをした」ということの証明ってワケ。無意識のうちにカウントしちゃってるんだから仕方のないこと。やったね、文乃さん大勝利!

 

この文化祭編で文乃さんの気持ちに変化が起こるんじゃないかという期待を込めて読んでいましたが、少なくともその布石としては十分以上のものが描かれたんじゃないかと。

 

やっぱり、文乃さん関連のイベントは丁寧に描かれているし破壊力がハンパないですわ...。筒井先生には本当に感謝しかないってばよ!

 

 

理珠ちんのかわいさもハンパない!後夜祭のジンクスはどうなる?

 

f:id:huwahuwa014:20180625060343p:plain

理珠ちんのターン!

 

なんだ、このかわいさは....

 

我々文乃さんスキーたちが未来を妄想し歓喜に打ち震えていたのも束の間、理珠ちんから特大級のホームランが放たれました。さすがにこのかわいさはアカンやろ...。

 

「私達が2人でお店を出したら 繁盛するかもしれませんね」って。それを無自覚で言っちゃうのはズル過ぎるわ!

 

同じ無自覚なのになんでこうも理珠ちんは際どいラインを上手く攻めてくるんだろうか...。常人だったら即結婚してるまである。

 

やっぱさ、理珠ちんも超かわいいんですよ。株式会社古橋カンパニーに終身雇用を誓っていようとも、理珠ちんのあざとかわいさの前には胸キュンを強いられてしまうってもの。しかも最近の理珠ちんは特にかわいいよな!

 

 

f:id:huwahuwa014:20180625060344p:plain

ちゅるんっ

 

ほら、こういうところね。「ちゅるんっ」「スポッ」「かあぁぁ....」ですよ。普通こんなことある?最高すぎるんだよな...。(心の叫び)

 

そりゃ「コイビトだー!」 って叫びたくもなるっちゅーねん!成くんのお椀からお箸で掴んだ麺が、偶然にも成くんが食べてた麺に繋がってた(これも意味深)というね。理珠ちんハンパねーな!

 

58話で描かれた文乃さんとのカップラーメン間接キスイベントに勝るとも劣らないニヤニヤ力でした。地球上に文乃さんよりかわいい人類なんて存在するわけねーだろ!を素で提唱する僕ですが、理珠ちんのことを応援したい気持ちもあるから困りもの。

 

 

f:id:huwahuwa014:20180625060345p:plain

恋人だ!!!

 

ひとまず、文化祭編のフィナーレは「うどん完売」イベントに絡めてくるみたいで。

 

「恋人だ」と成くんが言ってるので、素直に受け取るなら「縁結びうどん」とか銘打って「ジンクス」と絡めた売り方をするんでしょうか。仲の良い2人で食べれば良いことがある!みたいな。

 

案の定、一日中継続のイベントになる「うどん1000食販売」イベントが最後に来たかぁ...と。今回の文化祭編、ワンポイントで見れば、将来を見据えた展開というのも踏まえて『眠り姫』が圧倒的だけど、理珠ちんの見せ場も結構多めで良かったと思います。

 

つ・ま・り!なにが言いたいのかというと...

 

 

今週は文乃さんと理珠ちんの2人が最高にかわいかった!

 

f:id:huwahuwa014:20180625060346p:plain

 

今週のMVPは文乃さんと理珠ちんの両方ってことですよ!「はぁぁぁ」と一息つく文乃さんが世界一かわいかったし、驚く理珠ちんも最高にペロペロでした。

 

個人的に文化祭編の最注目イベントは『眠り姫』のキス並びにその後の影響...にあったので、「後夜祭のジンクス」に関しては、ヒロイン5人ともに可能性の残る描写でも良いと思ってます。

 

そりゃもちろん「ジンクス」でも文乃さんが大勝利なら嬉しいけど、さすがにまだ2学期も中盤のタイミングでそこまでお話が進むとも考え難いので。文化祭編の成果としては既に十分なものが見れたかなって。

 

...とは言いつつも、理珠ちんと成くんが1000食達成できるのかも含めて、文化祭がどんなフィナーレを迎えるのかは当然気になるところではあるので、来週もどんなお話になるのか超期待大!

 

 

 


 ※本記事にて掲載されている情報物は「『ぼくたちは勉強ができない』/筒井大志週刊少年ジャンプ」より引用しております。