ふわふわびより

『咲-Saki-』第197局「防衛」感想

咲-Saki- 197局(以下、咲-Saki-本編最新話感想のため未読の方はネタバレ注意)

f:id:huwahuwa014:20181207075147j:plain

咲-Saki- 第197局「防衛」 感想

 

今回の扉絵は、兵庫県代表”劔谷高校”の3人。

 

確か、先鋒の椿野さん(もーちゃん)と部長兼中堅の古塚さんが3年で、次鋒の依藤さんが2年生だったかな。

 

さすがにお嬢様学校だけあってみんな気品に溢れているのが素晴らしいな。特に冬服古塚さんのお淑やかな雰囲気とか超グッド。たかみーに通じるものを感じます。やっぱり大和撫子はかくあるべきでございますよ.....。(※個人の感想です)

 

 

<前回の感想>



 

 

 

 息詰まる先鋒戦

南1局 親:片岡優希 ドラ:二筒:麻雀王国

 

f:id:huwahuwa014:20181207075145j:plain

凌ぐ南場

 

さて、東場から息詰まる闘いが繰り広げられてきた先鋒戦もついに南場へ。

 

親番を活かしたい優希だが、その配牌はなんとも微妙な4向聴。通常であれば初手から店じまいをするほどの手配でもないけれど、今はもう全く普通の状況ではないからなぁ....。

 

全国1位と全国3位を相手に取ってこの点差。東場での「攻め」は十分以上に機能した。ならば、リスクリターンを踏まえてもここは「防御」こそが最善手。

 

なんせ、麻雀はただひたすら和了りを目指し、誰が一番早く形を揃えるかを競う単純なゲームではないですし。上手く逃げ切れるかどうかも立派に技術なわけですよ。

 

もちろん、配牌の時点で南1局の親を捨てるのは大胆な戦略ではあるけれど、でもこういった押し引きの判断が勝敗を分かつシーンは実際そう珍しくもないわけで...。リードしている時にこそ冷静さが要求されるゲームという意味でも麻雀は本当に奥が深いなと思いますね。

 

 

f:id:huwahuwa014:20181207075142j:plain

部長の入れ知恵

 

まぁ、そんな事情も清澄切っての戦略家・竹井久部長の入れ知恵によるものだったみたいですが....。

 

なんでも部長の考察では、宮永照の連続和了、その最初の1回目はそれ以降に比べて速度が遅く、早くても和了りまでに5~6巡程度はかかるのだとか。なるほど。それでも十分速すぎるんだけど....笑、というツッコミはさておいて、これが真実であるならば、5巡目までは言わば”絶対安全圏”ということになる。

 

であれば、”東場”優希のスピードに照1人では対抗できなかったことも頷ける。連続和了の初速が5巡目以降であるならば、東場における優希が純粋なスピード勝負で照に負けることはおそらくありませんからね。

 

そして。逆に言えば、スピードに乗れない南場の立ち回りとしては、5巡目まではあえて危険牌を落としながら安牌を溜め込んでいき、それ以降はその安牌を活用してオリ気味にいけばいいということか...。

 

連続和了が当面の「最大の脅威」であることに変わりはなくとも、この方針が定まっただけでも、幾分ブレずに立ち向かっていけるような気はするなぁ...。さすが部長でございますわ....。

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20181207132449j:plain

優希の捨て牌

 

そんなわけで、5巡目までの優希の捨て牌は、五萬:麻雀王国四索:麻雀王国四筒:麻雀王国六筒:麻雀王国五索:麻雀王国とわかりやす過ぎるくらいの真ん中寄り。

 

とは言え、この捨て牌選びは玄ちゃん対策としても機能しているのが面白い点ですよね。

 

今回の元ドラは二筒:麻雀王国で、これ自体は端よりではあるけれど、赤ドラが集まる性質上、玄ちゃんの当たり牌はどうしても中央に寄ってしまう傾向が強くなる。

 

それを考えれば、早めに「4~6」の牌を処理してしまうのは「防御」という観点でもやはり理に適っているわけだ。照と玄ちゃん双方へのケアとしては、確かに申し分のない策である。これは間違いない。間違いはないんだけれど......、

 

 

f:id:huwahuwa014:20181207075203j:plain

ガイトさんの立ち回り

 

それ故に、ガイトさんに付け入る隙を与えてしまったということになるんでしょうね...。

 

なんたって正攻法は裏を返せば、最も読まれやすい策とも言えますから。

 

初手から真ん中の牌を切った優希を見て、宮永照警戒のため「守り」に入っていることを悟り、照の現物で待ち構えることで優希からの南:麻雀王国直撃・8000点を誘い出した。場をよく観察した実に見事なプレイング。まさに待ち取りが巧いガイトさんらしい立ち回りで痺れたなぁ.....。

 

やっぱりガイトさんの麻雀は見ていて凄く面白い。照の麻雀が「強さ」ならガイトさんの麻雀は「巧さ」に見所があるのかなと。もちろん、どちらも強くて巧いけど、その性質は似て非なるものであるように思えます。いやー、本当に決勝先鋒戦は面白い。

 

 

南場も大荒れの予感

 
そんなこんなで続く南2局。
 
ここまでだんまりを決め込んでいた照がついにこの試合初めての和了をみせる。
 

f:id:huwahuwa014:20181207075139j:plain

照のターン!

 

さぁ、このまま照の連続和了が始まってしまうのか...。よりにもよって次局が照の親番とは、また他家には辛い展開になったものでございますね...。

 

〇現在の点数状況(前半戦南1局終了時点)

1位 清澄高校 :155200点

2位 阿知賀女子:107400点

3位 臨海女子 : 75600点

4位 白糸台  : 61800点 ※南2局の点数は不明のため未集計

 

現在の点数状況はこの通り。ここから照の逆襲が始まって、惨禍の幕が開くのか。宮永照と辻垣内智葉、この2人による正面切っての駆け引きにも俄然注目をしていきたいところ。

 

次回は12/21発売号で掲載予定。いよいよここからが正念場!照の親番である南3局をどう乗り越えてくれるのか楽しみです!

 


 ※本記事にて掲載されている情報物は「『咲-Saki-』/小林立ヤングガンガン」より引用しております。