ふわふわびより

『ぼくたちは勉強ができない』125話 感想、兄妹の絆は永遠に...!唯我水希の華麗なる一日!

f:id:huwahuwa014:20190902050510j:plain

ぼく勉 問125 感想「縁の下の少女はかくも[x]に献身する

ぼくたちは勉強ができない』 最新話 感想 ネタバレ注意

 

今週の『ぼく勉』を読了!

 

連載125話目まできてついに筒井先生が最終兵器(リーサルウェポン)を投入してきました。幕間の女王にして『SEISAI妹』の二つ名でも知られる唯我水希ちゃんの初メイン回であります。

 

一部の業界では「妹」と書いて「天使」と読むしきたりがあるみたいですが、とりわけ水希ちゃんの妹力はもう『別格』と評して差し支えないレベルでしょう。なにせ、「世話焼き」「ヤキモチ」「お兄ちゃん愛」の三拍子全てが高次元で備わったスペシャルな妹さんですからね。ポニーテール推進派の僕としても「水希ちゃん=理想の妹」という認識がある。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190902050505j:plain

完全にヤバい妹である

 

もちろん、「受験ラブコメ」という作品の趣旨を鑑みるに、成幸くんの生徒役ではない水希ちゃんのメイン回を定期的に作品として扱うのは中々に難しかろうとは思いますが、しかしその一方で、『家族』であり『妹』でもある水希ちゃんのフィルターを通してしか描けない唯我成幸の姿も当然あるわけですよね。

 

妹の水希ちゃんが兄の成幸くんを過剰なまでに慕う理由。「永遠の絆」で結ばれた家族である2人には一体どんなメモリーが隠されているのか。今週のお話ではそんな、兄・唯我成幸と妹・唯我水希の間に流れる「愛」にまつわるエピソードが描かれていました。

 

 

<関連記事>

 

 

 

 

ぼく勉 125話:縁の下の少女はかくも[x]に献身する

f:id:huwahuwa014:20190902050519j:plain

今週は水希ちゃん回!

 

さて。そんなわけで今週のお話は、水希ちゃんの初メイン回です。

 

夜な夜なマッサージをして兄の体調を整えたり、朝は早起きをして食事の準備をしたり兄の身支度を手伝ったり。

 

日頃から家事全般をこなしつつ「兄・唯我成幸」へのサポートにも余念がない世話焼き上手の妹・唯我水希ちゃんでしたが、まさかまさかの失態で、最愛の兄にお弁当を渡すのを忘れてしまい、予備校で勉強に勤しむ兄の元へ向かう事に。

 

「外で見るお兄ちゃんもステキ....」なんていう新鮮な気持ちに浸ったり、集中する兄の迷惑になる生徒への牽制攻撃を開始したりと、お外に出てもなお、兄を全力で慕いフォローの念を欠かさない彼女の様子がとても良く伝わってくる導入となっていたわけですけれど、

 

 

f:id:huwahuwa014:20190902064855j:plain

外で見る兄の姿

 

そこには、綺麗な女の子達に囲まれ、みんなから頼られる兄の姿がありました。

 

そんな状況に嫉妬心を抱き、お兄ちゃんの関心を惹こうとする水希ちゃんの姿がまた最高に可愛く思えた一幕だったのですが、兄弟を持つ身としてはやはり少し共感できる面もありましたね。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190902050529j:plain

水希ちゃんの葛藤

 

水希ちゃんが生まれてから15年、ずっと自分の、自分たちだけのお兄ちゃんだった成幸くんが、いつの間にか自分の知らないところで色々な人間関係を構築している。

 

無論、それは決して悪いことなどではなくむしろ良いことなわけですけれど、しかし同時に、ずっと兄の側にいたいと願う妹の水希ちゃんからすれば、兄が遠くへ離れて行ってしまうのではないかと感じてしまうのは無理もない事なのかもしれません。

 

憧れの先輩でもあり、自分と既知の間柄でもある武元うるかにのみ彼女が気を許している事にしても、ひとえに「うるかだけ自分が知っている世界の人」だからという理由も少なからずあるんじゃないかと思いますし、兄離れが「できない」という点においては、水希ちゃんもまた本作のヒロインである「できない」子と呼べるのではないでしょうか。

 

 

思い出のブランコと兄妹の絆

 

f:id:huwahuwa014:20190902050540j:plain

妹の想い

お兄ちゃんにはもう

私がいなくてもいいのかな...

 

そんな流れの中で語られる「お兄ちゃんにはもう私がいなくてもいいのかな...」という水希ちゃんのモノローグがまた最高に切なかったですよね。

 

6年前に大好きだったお父さんが他界し、それからずっと自分の近くにいてくれた世界でたった一人の大切なお兄ちゃん。

 

妹の水希ちゃんにとって、家族のために必死で頑張ってくれている「兄」という存在は「お父さん」の代わりそのものでもある。

 

子供のままではいられない...という寂寥感と、大好きなお兄ちゃんに甘えたいヤキモチ。そんな相反する感情に身を焦がしていた水希ちゃんが向かった先が、子供の頃への回帰を意味する「思い出のブランコ」だったという点も最高にグッとくる描写でした。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190902050534j:plain

兄としての唯我成幸

 

俺が親父の分までそばにいてやる!

水希 絶対 お前に寂しい思いはさせないからな!

 

お父さんが亡くなって寂しいのは、兄の成幸くんだって同じ。

 

でも、これからは父の代わりに長男である自分が「家族」を、「妹」を守っていかなければいけない。「絶対 寂しい思いはさせないからな」という力強いその台詞は、成幸くんにとっても宣誓の意味があったのでしょう。

 

家族を遺して心半ばに先立ってしまった父が心配しなくても済むように。そこに「長男」として漢を見せる唯我成幸の姿がある。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190902050543j:plain

思い出のブランコと永遠の絆

 

だからこそ彼は、妹の寂しそうな顔を見過ごせない。

 

どれだけの時が経とうとも、たとえおじーさんおばーさんになって色々な事が変わっても、「家族の絆」は永遠のものなんだから。生まれた時から無償の愛で繋がっている。「恋愛」よりも深くて長い、絶対の絆。

 

f:id:huwahuwa014:20190902050547j:plain

兄と妹

今週のお話はそんな、「兄」と「妹」が織り成す心温まる家族の在り方がとても素晴らしく感じられる最高のエピソードだったなと。

 

「ブランコ」と「ブラコン」属性を兼ね備えた妹の水希ちゃんの出番が今後もっと増えていくと嬉しいですね。

 

.....というわけで今回の感想をまとめると、

 

 

初の水希ちゃんメイン回最高でした!

f:id:huwahuwa014:20190902050552j:plain

水希ちゃんの今後に期待

 

今週の水希ちゃんが最高に可愛かった...!ってことですよ。

 

エプロンで自身のポジションニングを主張していく事に定評のある水希ちゃんですが、今回はついに「内助の功」まで来ましたし、成幸くんを甲斐甲斐しく世話するその姿はまさに「お嫁さん」そのものでした。

 

そんな妹の水希ちゃんから「お嫁さん」の役割を受け継ぐヒロインは一体誰なのか。そして、物語の最後に水希ちゃんはどのような成長を果たすのか。今後の展開に注目しております。

 


 ※本記事にて掲載されている情報物は「『ぼくたちは勉強ができない』/筒井大志週刊少年ジャンプ」より引用しております。