ふわふわびより

『ぼくたちは勉強ができない』96話 感想、成幸くんに訪れた変化!メイド姿の古橋文乃さんにも注目です!

f:id:huwahuwa014:20190128050514j:plain

ぼく勉 問96 感想「怱々たる彼の様に 天才どもは隠密に[x]する」

ぼくたちは勉強ができない』 最新話 感想 ネタバレ注意

今週の『ぼく勉』を読みました。

 

なんというか、冒頭からちょっぴり時間の経過を感じさせる展開でしたね。それぞれの苦手科目で80点以上の答案用紙を掲げている3人の姿。範囲の決まった学校の定期試験とはいえ、着実に「できない」を克服していっている状況が伝わってきます。1話の「2点」の頃と比べても、相当に大きな進歩と言えるでしょう。

 

そして、文乃さんの言う通り、当然この進歩は「成幸くんのおかげ」でもあるんですよね。もちろん、彼女達自身の努力があってこその結果であることは言うまでもありませんが、しかし3人とも成幸くんに出会わなければ、きっとこの”成長”はありえなかった。

 

もっと言ってしまえば、うるかの留学や文乃さんの家族問題、理珠ちんの中に芽生えつつある感情も、唯我成幸という男の子との関りがなければ全てどうなっていたかわからないものばかりでした。

 

ゆえに、壊滅的だった「できない」の克服という命題は、勉強だけに留まらず、彼女達の抱える問題や感情ともリンクしている。その事実は、ここまで『ぼく勉』を読んできた読者の皆様も、十分にご承知の通りかと思います。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190128050511j:plain

成幸くんの”夢”

 

一方で、”教育係”である成幸くんもまた、”生徒”である彼女達から学んだことがたくさんあったわけですね。

 

それもそのはず。なんせこの作品のタイトルは『”ぼくたちは”勉強ができない』なのですから。何かが「できない」のは、彼の”生徒”であるヒロインたちだけじゃない。主人公である成幸くんだって、内に抱えている「できない」を乗り越え、ユメノトビラを開いていく一人の立派な高校生なのです。

 

だからこそ、ここ数週の展開は非常に興味深い。最初は「VIP推薦」の条件として、”教育係”(=一方向的にどちらかが何かを教える)という関係性が4人の間には敷かれていたわけですけど、もう彼と彼女達の間にある繋がりは、きっとそれだけではありませんよね。

 

 ”やりたいこと”に向かってがむしゃらに走っていく姿勢を「みんな」から教えてもらった成幸くん。「VIP推薦」という目的も無くなり、季節も状況も確実に変化を見せていくなかで、全員の関係はどんな風に変わっていくのか。今回はそんなことを考えながら、気になった点について振り返って参りましょう。

 

<関連記事>

 

 

 

ぼく勉 96話:唯我成幸に訪れた変化!メイドコスの文乃さんが可愛すぎる件!

f:id:huwahuwa014:20190128050508j:plain

文乃さんとうるかの尾行

 

というわけで今週は、いつもと違う成幸くんの様子に疑問を抱く文乃さんとうるかの姿を中心としたお話でした。

 

まぁ、端的に感想を申し上げるなら、非常に『ぼく勉』らしい回だったなという印象です。作中でネタにするくらい潔く力技感を提示して、コミカルさとツッコミどころを読者に与えながら、主軸となるストーリーもきちんと進めていく。

 

こういう回は、単純にニヤニヤしながら読めるので、結構好きだったりもするんですよね。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190128050505j:plain

なんでこんな展開に!?

 

なんたって、文乃さんのメイドコスが拝めたわけですから!(←超重要)

 

いやー、本当に素晴らしい展開です。やっと文乃さんがメイド喫茶に降臨してくれましたよ。従業員として働いているあしゅみー先輩は当然にしても、真冬先生や理珠ちんにもメイドさん姿が描かれていたので「いつかは文乃さんも...」と内心期待をしまくっていましたが、まさかここで来るとは...。さすが筒井先生。全力で感謝を申し上げる所存!

 

 

f:id:huwahuwa014:20190128050502j:plain

この可愛さである

 

あぁ、もう本当に文乃さんは宇宙一可愛いですな。

 

もちろん、黒髪ポニテスタイルが文乃さんの頂点だと思っている僕としては、正直いつもの文乃さんの姿でメイドさんを見たかったという葛藤もあるにはあるのですが、しかし、今週の文乃さんのいつもと違う新鮮なお可愛さもGOODどころか、GODと形容するに相応しいものでもあったわけで。

 

ブロンドウィッグに伊達メガネ(+適量のパッド...)。 普段とは一風変わった私服姿も最高でしたし、成幸くんの行動に違和感を抱き、もしや「デートだったりして...」とナチャラルに尾行に付き合っちゃう文乃さんの乙女感も素晴らしいの一言でした。

 

まぁ、依然としてうるかをいじらしく想う気持ちがあるあたり、文乃さんの恋心もまだまだ複雑な様相を呈していることが伺えますけれど、それは着実に、恋の花を咲かせ始めているからこその「複雑さ」でもあるので、今後の彼女の心情については、温かい目で見守っていきたいですね。

 

 

VIP推薦の取り下げと唯我成幸の夢

f:id:huwahuwa014:20190128050543j:plain

VIP推薦の取り下げ

 

なんでVIP推薦蹴っちゃったん?

 

一方で、やはり今週一番の注目案件は、成幸くんが「VIP推薦を蹴った」ことを、文乃さんたちが知ってしまったことでしょう。

 

メイド喫茶洋服店うどん屋」と、3件のバイトを同日に掛け持ちするハイパー高校生、唯我成幸くんを尾行する乙女達の可愛さも最高に輝いていましたが、全てはこの展開を描くための繋ぎだった。要するに、今の唯我成幸には、バイトを増やしてでもお金を必要とする事情があることを示唆していたわけですね。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190128050540j:plain

バイト三昧の成幸くん

 

とはいえ、受験生にとってこの状況が、明らかに異常であることは言うまでもありません。

 

成幸くんの夢はきっと「教育学」を学ぶこと。だから、「教育学部」の存在しない一之瀬大学には進学しない。「VIP推薦」を蹴って、他の大学を受験する。これ自体は、彼が自分の”やりたいこと”に沿って道を決めたという点において正しい。きっと、お母さんも彼の”夢”を全面的に応援してくれるはず。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190128065332j:plain

成幸くんの遠慮、母の想い(問.85より)

 

しかし、同時に家族に対しては「遠慮」をしてほしくないとも語っていたわけで。

 

確かに、”やりたいこと”に向かって走り出したことは確実な前進ではあるけれど、だからと言って、受験を間近に控える息子が、お金のことを気にして、自分の受験料(あるいは学費についても)を自分で稼ぐという手段に及んでいるなんてことを、親が黙認しているはずもない。

 

であれば、恐らく「家族」にも「先生」にも相談はしていないと考えるのが妥当でしょうか。長男ゆえに甘えられない。これが今の彼が抱えているできないこと。もちろん彼の成績なら、ある程度は「学業」と「バイト」の両立も可能かもしれませんが、学校に通いながら、3件のバイトを掛け持つというのは、まぁ常軌を逸してはいますよね。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190128071646j:plain

ジト目の文乃さん可愛い

 

そんなこんなで、来週以降はそういった事情も含めながら、文乃さんたちが成幸くんの”夢”を知っていくことになるのでしょう。

 

VIP推薦や彼のバイト掛けもちの件をある程度把握していた理珠ちんが、成幸くんの言いつけ通り、「お口チャックマン」に徹していたのは何とも彼女らしいですが、文乃さんやうるかは、理珠ちんと同様というわけにはいかない気も...。それがわかっていたからこそ、2人には内緒にしておいたわけでもあるんですし。

 

まぁ、最終的には、お金の問題や家族の問題を彼女たちがどうこう出来るわけではないでしょうから、成幸くんがきちんと「お母さん」に自分の気持ちを話すことでしか、この件は解決しないのだとは思います。文乃さんの時もそうでしたから...。

 

なので、そこに至るまでに文乃さんたちや真冬先生の存在がどう関わってくるのか。その点に注目していきたいですね。

 

というわけで、今週の感想をまとめると.......、

 

今週のベスト文乃さん!

f:id:huwahuwa014:20190128050538j:plain

今週の文乃さん

 

成幸くんの体を心配する文乃さんが最高に可愛かったなってことですよ!

 

ずっと誰かのために頑張ってきた成幸くんが、今度は自分のため・自分の家族のために頑張ろうとしている。それを見て、彼に助けられてきた人達はいったい何を想うのかな。来週も楽しみです!

 


 ※本記事にて掲載されている情報物は「『ぼくたちは勉強ができない』/筒井大志週刊少年ジャンプ」より引用しております。