ふわふわびより

『五等分の花嫁』116話 感想:想いを受け止めて三玖も四葉ちゃんも歩き出す!

f:id:huwahuwa014:20200108073918p:plain

五等分の花嫁 116話「五時間一部屋」 感想

五等分の花嫁 最新話 感想 ネタバレ注意

今週の『五等分の花嫁』を読了。 

三玖と四葉ちゃんの対話が描かれていた今回の『五等分の花嫁』。

 

強風が吹き荒れる中、わざわざ四葉ちゃんの真似までして三玖が妹に伝えたかったことは何なのか。選ばれた四葉ちゃんと選ばれなかった三玖が果たしてどんな心情を語り合うのか。

 

姉妹として、家族として、そして「本気の恋」を経験した女の子として。それぞれの想いを胸に抱えながら、彼女たちが見出していく「未来」とは――。そんな、問いかけに対するアンサーが主題となっている第116話、早速振り返って参りましょう。

 

 

 

<関連記事>

 

 

 

 

第116話:五時間一部屋

 

さて。そんなわけで今回は三玖と四葉ちゃんのお話です。

 

両想いであるにもかかわらず、風太郎からの告白を保留にしている状態の四葉ちゃん。言うまでもなくその背景には姉妹たちへの「負い目」が関係しており、四葉ちゃん側の視点としては「迷惑をかけた姉妹たちに謝らなければならない」という想いがありました。

 

姉妹たちを差し置いて自分だけが結ばれること。そこに罪悪感を抱きつつも、それでも上杉さんのことが好きであることに「嘘」はつけない

 

四葉ちゃんが前回自問していた「上杉さんか皆か」という命題はこの心情によるもので、そのどちらか片方だけを選ぶことなんて到底できるわけもないからこそ「でも私は...」と彼女は続けていた。四葉ちゃんの置かれている心情を整理するならこんな具合でしょうか。

 

 

f:id:huwahuwa014:20200108073923p:plain

三玖の真意

 

一方、そんな悩める妹に対して「私は四葉の真似はできても四葉にはなれない」と語っている三玖。

 

この点が今回のお話「最大のポイント」であったと評しても良いかと思いますが、三玖も一花さん同様にきちんと今の現状を受け容れているのですよね。

 

風太郎が選んだのは他でもなく「四葉」であってどんなに真似をしても自分が「四葉」になることはできない。緑茶が好きな自分にはやっぱりジュースの味は甘すぎる。その事実を正しく認識しているからこそ、うさちゃんリボンを着けてまで四葉ちゃんのもとを訪れた。それが三玖の認識。

 

ゆえに彼女は四葉ちゃんにこう告げるわけです。「でも 怒ってはいる」と。

 

 

f:id:huwahuwa014:20200108073933p:plain

三玖の想い

 

だって、仮に自分が四葉」だったなら絶対にフータローを困らせるようなことはしないのだから。

 

三玖はそれだけ風太郎のことが好きだったのです。だからこそ、両想いなのに遠慮している四葉ちゃんの姿がもどかしくてたまらない。

 

もちろん、風太郎が四葉ちゃんを選び、彼女がどう返事をするのかといった一連のやり取りに関してはあくまでも当人同士の問題です。五月が前回言及していたように、2人の関係について口出しする権利を三玖が持っているわけじゃない。

 

 

f:id:huwahuwa014:20200108073937p:plain

四葉ちゃんと風太郎は両想い

 

でも、それでも想いが届かなかった三玖の立場からすれば、権利を有し「上杉さんのことを想い続けてる」とまでハッキリ言葉にしている彼女が一歩踏み出せないでいる状況に対して当然思うところがあるわけですよね。

 

両想いになれなかった悔しさや行き場のない苛立ちが湧いてくる中で、選ばれた側の人間が停滞しているなんてそんな惨めなことはない。遠慮されるぐらいなら、届かなかった自分たちの想いを受け止めて前に進んでくれた方が救われる。

 

自分の失恋と四葉ちゃんの選択が別種のものであるとわかってはいても、行き場をなくしてしまった自分たちの気持ちを、そこにあるやるせなさや怒りを背負ってきちんと幸せになって欲しい。

 

f:id:huwahuwa014:20200108073947p:plain

前に進むために

 

たとえそれが選ばれなかった者たちのエゴであろうとも、そんな三玖のスタンスを責めることが誰にできるものでしょうか。

 

背中を押すのではなく、想いをぶつける。修学旅行で二乃が自分にしてみせてくれたことをこの場で四葉ちゃんへとつないでいく三玖の在り方がとても美しい一幕だったなと感じた次第でありました。

 

 

三玖も四葉ちゃんも歩き出す

 

一方、三玖との対話を通じてしっかりとその想いを受け止めることができた四葉ちゃん。

 

 

f:id:huwahuwa014:20200108073942p:plain

想いを知る

 

自らの過去も、姉妹たちへの負い目も。かつて二乃が「あんたも変わりなさい」と諭してくれたように、ちゃんと区切りをつけて前に進んでいかなくてはいけないから。

 

一歩引いて姉妹たちの幸せを願うのではなく、これからは自分の幸せを、自分の人生を一歩ずつ前向きに歩いていく。だからもう譲れない。カラオケで歌いたい曲も、好きな人への想いも、どんなことだって自分の気持ちに素直になろう。

 

それこそが中野四葉がたどり着いた「答え」であり、彼女がこれから先「自分自身」の手で掴み取っていく「未来」になる。

 

 

f:id:huwahuwa014:20200108073952p:plain

これでいい

 

本気の恋を通して強く逞しく成長を遂げた彼女たち。

 

何が好きで、どんなことがしたいのか。それは彼女たち自身が自分の意志で決めていく事です。

 

主人公に選ばれる選ばれないに関係なく、誰もが自分を主人公にした人生を生きているのですから。三玖の台詞「私は四葉になれなかったけど 四葉だって私になれない」とはきっとそういうこと。

 

 

f:id:huwahuwa014:20200108074001p:plain

三玖がたどり着いた答え

 

だからこそ「フータローに好きになってもらえる私」ではなく、三玖が「自分を好きになれた」ことに物語の集大成がある。

 

フータローと出会い「恋」をしたからこそ気付くことのできた自身の可能性。遠い世界にまで繋がっている海へ向かってリボンを投げ込み、確かな成長を見せてくれた三玖の姿。

 

 

f:id:huwahuwa014:20200108074006p:plain

三玖の成長

 

私は私を好きになれたんだ

 

と笑顔で語る彼女が果たしてどんな明日を描いていくのか。

 

そんなことを妄想したくなる第116話のエピソードでありました。

 

 

四葉ちゃんの進路、風太郎の進路

 

さて。こうなってくると残り数話の中でどんなお話が描かれていくのか気になるところですが、何と言っても四葉ちゃんと風太郎の進路に関する話題がまだ出てきていないのでそのあたりも焦点になると言えそうでしょうか。

 

 

f:id:huwahuwa014:20200108073914j:plain

夢を見つけてこその卒業

 

かつて風太郎が語っていたように、本当の意味での卒業とは「次の道」を見つけてこそ果たせることですからね。

 

作品のテーマを踏まえれば後日談的にさらっと描いておしまいにするのではなく、きちんと尺を設けて語られた方が良いのかなと個人的には思ったりもしますが果たしてこの先どうなるか。

 

未来の結婚式に向けていよいよフィナーレも近い『五等分の花嫁』。来週も楽しみにしております!

 


 ※本記事にて掲載されている情報物は「『五等分の花嫁』/春場ねぎ/週刊少年マガジン」より引用しております。