ふわふわびより

『咲-Saki-』第206局「龍神」感想

 咲-Saki- 206局(以下、咲-Saki-本編最新話感想のため未読の方はネタバレ注意)

f:id:huwahuwa014:20190802002949p:plain

咲-Saki- 第206局「龍神」 感想

 

 

今回の扉絵は、現阿知賀女子麻雀部の発起人メンバーでもある「憧ちゃん・玄ちゃん・穏乃」の3人。

 

オーダー的にも実力者が集まりやすい「先鋒・中堅・大将」の3区間を担っている3人ですけれど、あこしずのツーショットが印象に強いこともあって、3人で扉絵を飾るというのは案外珍しい気もするでしょうか。玄ちゃんにしても、やはり宥姉との組み合わせの方が鉄板なイメージは強いですし。

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20190802150249j:plain

阿知賀の部長は灼ちゃんです

 

まぁ、「鷺森さんちの灼ちゃんも麻雀部の部長としてもう少し出番が増えてくれたらいいなと思うのですが、これは仕方がないものなのでしょうか。クレームというわけではないのですが...。」と国広一ちゃんも申しておりましたので、次の機会には是非、カラー姿の灼ちゃんも拝めたらすばらだなと。立先生のご采配に期待したい所存ですね。

 

 

 

<前回の感想>

 

 

 

第206局「龍神」:ついに"覚醒"を遂げた松実玄の麻雀

f:id:huwahuwa014:20190802003013p:plain

松実玄覚醒の時

 

前回、照に「ドラの五筒:麻雀王国」を掴ませ、見事に直撃を取って見せた玄ちゃん。

 

一体どれ程の大物手が炸裂することになるのか。ワクワクしながら最新話を待ちわびていたわけですが、

 

リーチ一発タンヤオ三色ドラ8

三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索赤:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五筒:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国 ロン五筒:麻雀王国 ドラ五筒:麻雀王国

 

いざ開かれた手牌を見てみれば、「ドラ8の数え役満という予想を超える豪快ぶり。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190802125843j:plain

ドラ8の脅威

 

無論、ドラが五筒:麻雀王国であった以上、玄ちゃんの性質的にかなり高い手になるだろうことは想像がついていましたけれど、流石にタンヤオ三色が数え役満に化けてしまうとは恐れ入りますね。

 

親の連荘にストップを掛けられてしまったばかりか、リー棒と2本場も加え、合計で33600点ものマイナスを支払う結果となった照としては、あまりにも手痛い悪夢のような一局。

 

しかも、単なる点数上のお話だけではなく、ドラを抱えるのみであった松実玄の麻雀に「2つの"変化"(=成長と進化)」が起こっていることが判明してしまいました。

 

 

f:id:huwahuwa014:20190802003000p:plain

一つ目の変化(=成長)

 

まず第一に挙げられる変化は、「ドラをツモればそれだけで和了れる配牌が用意され、かつ、思ったようにドラを引ける時がある」というもの。

 

これに関しては前半戦東1局4本場の倍満や東4局の跳満和了った際にも言及されていた通り、単純にドラをツモって和了るまでのスピードが従来よりも早くなったという方向性の変化です。

 

配牌や速度に明確な差こそあれど、自分でドラを引いて和了りに近づくプレイングを取ることには変わりない、言うなれば、今までの地点から縦の軸で伸びた「成長」の証。だからこそ、第196局のサブタイトルにも「成長」という表記がなされていました。

 

 

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20190802155449j:plain

二つ目の変化(=進化)

 

ほかの人にドラを送ることができるような気が――

ちょっとだけする...

 

しかし、今回照にドラを掴ませて直撃を取った攻防戦は、これまでとは明らかに一線を画するプレイングだったわけですよね。

 

自分のところにだけ招き寄せていたはずのドラを他家の元にも送れるようになった。それは単に縦軸での「成長」を果たしたというよりも、これまでの自分の殻を打ち破り、新しいステージへと能力が「進化」したと捉えた方がより適切なはず。

 

 

 

f:id:huwahuwa014:20190802002939p:plain

強い覚悟で玄ちゃんが乗り越えたもの

 

強い「覚悟」の元で選択をしたあの時のドラ切り。

 

「確固たる信念がある打ち手には大事なところで牌が応える」という『咲-Saki-』のテーマを踏まえると、玄ちゃんの「成長」と「進化」はそのまま、彼女の想いが導いたものであると解釈が出来るのでしょう。

 

第205局のサブタイトルが「進化」の2文字になっている点を鑑みても、「前に進んで化けた」ことを示す意図(=つまり「前に向かうために 一旦お別れ!」の台詞に対応させる意図)が感じられますし、倍満の直撃(準決勝)が数え役満の直撃(決勝)に化けたりと、大味に見えて、実は非常に芸の細かい展開だったのかなと思いますね。

 

 

南場の逆転劇に期待!

f:id:huwahuwa014:20190802003009p:plain

龍神の域

 

 

さて。

 

 

果たしてここから始まる最後の南場で龍神の域」に達した玄ちゃんが台風の目となりえるのか。

 

〇現在の点数状況(後半戦東4局2本場終了時点)

1位 清澄          :122700点

2位 白糸台      :111300点

3位 臨海女子     :100800点

4位 阿知賀女子  : 65200点

 

現在の点数状況は上記の通りですが、ある程度自在にドラの行方をコントロールすることが出来るのであれば、他家のリーチを潰すことは容易く、ドラを送り込んで相手への牽制も行えてしまうわけなので、玄ちゃんの追い上げも十分にありえそうだなと。

 

既にガイトさん以外全員が「役満」を和了っている決勝先鋒卓ですから、もう何が起こっても不思議なことはありませんし。一体、トップで次鋒にバトンを繋ぐのは誰なのか。先鋒戦の行く末を楽しみにしております。

 

 次回は9/6発売号で掲載予定。

 


 ※本記事にて掲載されている情報物は「『咲-Saki-』/小林立ヤングガンガン」より引用しております。